砺波市立出町小学校

Demachi Elementary School

砺波市立出町小学校 header image 2

90秒の真剣勝負で大白熱

2018年11月30日 · 0, 1年生, 2年生, 3年生, 4年生, 5年生, 6年生, たんぽぽ・すみれ・つくしんぼ, 学校行事, 平成30年度

11月29日(木)の2時間目になわとび集会がありました。1年生から4年生までは90秒間で8の字跳びの回数を競いました。

11月に入ってから、本格的な練習が始まりましたが、特に1年生にとっては、初めての8の字跳びです。体育の時間も長休みも使って練習した甲斐があって見る見るうちに上達し、一本一本ていねいに跳んで会場を沸かせました。

2年生は、さすがに速さが違います。常に先を読み、リズムを乱さずに跳んでいました。会場の応援の声もさらに大きくなってきました。

3年生は、団結力で勝負です。大なわを跳びながらの声掛けもしっかりできていて、ここぞという勝負にかける気迫が感じられました。

4年生は、「僕らがチームを優勝に導くんだ。」という責任感を見てとることができました。下の学年のお手本になって真剣に跳ぶ姿が光っていました。

さて、いよいよ大詰め、高学年のみんなでジャンプです。この競技も90秒間で跳んだ回数を競います。

5年生は、練習でテンポの速さを意識しながらも、冷静にミスなく跳ぶことで記録につながっていくことに気が付いて、跳び方や回し方も工夫し、大きく記録を向上させました。学習発表会での大なわも見事でしたが、この場でも実力を発揮できたと思います。会場はさらに熱気に包まれてきました。

6年生は、この出町小での最後のなわとび集会です。練習開始の頃から、ものすごい速さで跳び始めて、なわとび集会にかける意気込みを感じさせました。そして、本番でこれまでの最高のパフォーマンスで会場を盛り上げることができました。きっと、最高学年としてみんなで協力してやり遂げたことに対し、この上ない充実感を味わうことができたと思います。

優勝は、2位に100点以上の差をつけて、白団が1093点で王座に輝きました。

閉会式の団長インタビューで、惜しくも第二位だった青団団長の「悔しい結果だったけど、みんな本気で取り組んだので悔いはありません。」と涙ながらに語ってくれた言葉にみんな心を打たれました。

最後に、運動会と同じようにすべての色団で解団式を行い、なわとび集会を締めくくりました。6年生は下級生に思いを託し、そして5年生までの多くの児童が、来年に向けての新たな展望をもつことができたと思います。本当にみんな気持ちを一つにしてよく頑張りました。

 

 

 

タグ :