砺波市立出町小学校

Demachi Elementary School

砺波市立出町小学校 header image 2

自然の魅力を伝えよう

2018年05月10日 · 1年生, 平成30年度

今週は、曇りや雨のぐずついた天気が続きましたが、ようやく日が差してきました。そんなお昼休みに環境委員会が、1年生にビオトープの紹介をしました。ビオトープとは学校の敷地内に設けられた生きものの暮らしを支える場所です。ビオトープに子供が入ることで、地域内の様々な生き物に触れ合ったり、自然の営みを肌で感じたりするする教育効果も期待できます。出町小のビオトープは東西に約40mにわたってひろがっていますが、庄川系の揚水から引き入れた水を小川にして、大きなひょうたん池が二つあり、周囲には幾種類もの樹木が生えています。

環境委員の子供たちは、1年生にビオトープに入るときのルールや池にいる生き物についてのクイズを出していました。環境委員の皆さんと、興味津々で楽しそうな1年生が印象に残りました。

これから、春夏秋冬と季節が変化して、生き物も入れ替わっていくので、ほかの学年の子供たちも興味を持って足を運んでほしいと思います。

タグ :